眼瞼下垂症は多くの場合加齢にともなってまぶたが開きにくくなることから発症します。治療には手術が必要です。注射による局所麻酔後、上まぶたに切開を入れ、たるんだ皮膚を切除し、まぶたをひらける作用のある挙筋という筋肉のゆるみを調整します。手術後の傷跡はほとんどわかりません。二重まぶたの手術と混同されている方がおられますが、眼瞼下垂症の手術と二重まぶたの手術は別で、関係がありません。眼瞼下垂の手術の時についでに二重まぶたにすることも可能ですが、いまさら二重まぶたにしたくない方もたくさんいらっしゃいます。ご高齢の方にくっきりした二重まぶたはあまりおすすめしませんが、希望があればおっしゃってください。生まれながら眼が開きにくい場合は先天性眼瞼下垂で治療法が少し異なりますのでおたずねください。