眼瞼下垂症とは

年齢とともにすこしずつまぶたが開きにくくなり、困ってられる方は案外多いようです。これが眼瞼下垂です。アレルギー性結膜炎やアトピー性皮膚炎などでかゆく、まぶたをこする習慣のある方、長年ハードコンタクトレンズを使っている方におこりやすいとも言われています。はっきりとしたことはわかっていません。一般的に加齢とともに症状がひどくなることが多く、老化現象の1つと考えることもできます。日本では人口の高齢化にともない、患者さんの数は増加傾向にあります。

症状

・おでこのシワ

・まゆ毛(眉毛)が上がる

・上まぶたがくぼんでいる

・二重まぶたの幅が広い

片目だけの場合、おでこのシワ・まゆ毛(眉毛) の高さが左右非対象になります。眼瞼下垂のある側のおでこのシワは深く、まゆ毛(眉毛)の高さは高くなります。

あごを上げないと前方が見にくいので、肩こり、頭痛の原因にもなります

診察を受けているときは緊張されていますので日頃より目が開いていることが多く、軽度の症例では診断が難しい場合があります。

チェックの方法

1. 力を抜いてリラックスした状態で目を閉じます 

2. 眉毛を指でおさえます

3. おさえたまま目を開けてください

4. まゆ毛(眉毛)が上方へ動く、あるいは、動こうとする場合……あなたは眼瞼下垂です

 

原因はおもに次の2つです

皮膚のたるみ 

まぶたを開ける筋肉のゆるみ(ひどい場合は筋肉がまぶたからはずれている)

の2つです。

治し方は手術による治療です。トレーニングやマッサージでは治りません。

手術は注射による局所麻酔をして痛みをとってから実施します

1.に対しては、たるんだ皮膚を切り取る手術を行います

二重まぶたの位置で皮膚を切り取る場合と、まゆ毛(眉毛)の下で皮膚を切り取る場合があります。重症の場合は、2回の手術になりますが、時期をずらして両方とも行うこともあります。多くの場合、キズアトはほとんどわからなくなります。

2.に対しては、まぶたをひらける作用のある筋肉(眼瞼挙筋・ミューラー筋)のゆるみを調整します。重症になり、まぶたから筋肉がはずれてしまっている場合は、目をあけようと筋肉が収縮しても目は開きません。筋肉とまぶたを縫い合わせることが必要になります。

1.2.以外に、まれに、まぶたを開ける筋肉の機能が著しく低下している場合があります。まゆ毛の動きを利用してまぶたを開ける(まぶたと前頭筋をつなぐ)手術を検討することになります。

手術費用は
保険適応で 3割負担の場合 23,000円位です その他に、検査費、診察料、処方料等が必要です。保険治療であれば全国一律料金です。

二重まぶたの手術と混同されている方がおられますが、眼瞼下垂症の手術と二重まぶたの手術は別で、関係がありません。眼瞼下垂の手術の時についでに二重まぶたにすることも可能ですが、いまさら二重まぶたにしたくない方もたくさんいらっしゃいます。ご高齢の方にくっきりした二重まぶたはあまりおすすめしませんが、希望があればおっしゃってください。 治療前、治療後の写真を見ながら説明いたします。

以上に説明した眼瞼下垂とは別に、生まれたときから目が開きにくい先天性の眼瞼下垂もあります

目にほとんど光が入らないくらい重症な場合は、放置すると弱視になるのですぐに治療が必要となります。通常は、出産した病院の産科や小児科の先生方が気づき、形成外科で手術が行われ目に光を入れることで弱視になるのを防ぎます。生後早い時期に全身麻酔下で手術が行われます。目には光が入っているが瞼の開きが狭い場合は、その程度により、治療方針が異なります。 先天性の眼瞼下垂症の治療は入院設備のある総合病院で行われています。当院からは田附興風会医学研究所北野病院を紹介しています。